期末であり年度末決算も抱えた3月と、賞

期末であり年度末決算も抱えた3月と、賞与支給後の9月というのは酷暑も一段落した時期で、自動車のように高額な品物の売れ行きも良いものです。
中古車販売業者の多くはこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。
今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、9月というのはまさに売り時です。
一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は低く抑えがちになるので高額査定を期待するのは難しいです。
車の価格を調べるときには社外パーツを付けている車は幅広い意味で評価が下がってしまうのでメーカーのパーツを元に戻すようにしてください。
ただし、正しいパーツに戻すのに工賃がかかるときは、付け加える金額よりも工賃の方が高くつく確率が高いため触らずに今のまま見積りしたほうが良いです。手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。
ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。
それとは逆に赤や黄色などの原色系は好みがハッキリと分かれる傾向があるので、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いと言えるでしょう。でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場によって変動するものなので、人気のある特定のボディーカラーが査定で高値が付くことも充分考えられるのです。二重査定という制度は中古車買取業者においては都合が良いものでありますが、利用者にとってはかなり不利な制度です。
悪質な業者に当たると、巧妙に二重査定という制度を利用して、査定額を大きく下げることもあります。
トラブルを防ぐためにも、契約をする際に契約書をきちんと確認すること、査定の際に車の状態を明確に伝えることが大事です。車を売る時には、高価格で売れる時期やタイミングを逃さないように十分気を配っておくことが大切です。
例えば、3月の決算期や9月の中間決算の頃は車が高値で売れます。そのほかに、ウインターシーズンの前には、4WDなどのアウトドア車がよく売れるかと思います。
こんな感じで、車を高価格で売るには、時期を考えることも必要となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です